前へ
次へ

鳩のマークはVISAだけ!ホログラムの役割とは?

クレジットカードにあるキラキラしたシールのようなものを一度は目にしたことがある方が多いのではないでしょうか。このシールのようなものは「ホログラム」と言って、光を当てると模様が浮き上がります。ホログラムの役割は偽造防止やセキュリティー対策です。かなり高度な技術で作られているので、真似することはとても難しいです。VISAカードは1984年から、カード番号下4桁の箇所に鳩のマークのホログラムが入ったカードに変更され始めました。当時は券面の表しかホログラムは許可されていませんでしたが、2005年からは発行会社のカスタマイズが許可されました。最近では、裏面にホログラムを入れたクレジットカードが多くなっています。ホログラムはそれぞれのカード会社によってマークが異なります。鳩のマークを使用した会社はVISAだけなので、鳩のクレジットカードと言われたら、VISAカードだということがすぐにわかります。

Page Top