前へ
次へ

VISAの創業者ディー・ホックについて

VISAカードの創業者ディー・ホックは、素晴らしいアイデアの持ち主であり、天才と言える人物です。ごく普通の家庭に生まれたディー・ホックは、「BIGな人間になる」という夢を追い続けるため、転職を繰返し、ステップアップしていきす。1968年には、バンク・オブ・アメリカの子会社銀行「ライセンス・バンク」の副社長の地位まで上り詰め、その後ついに彼の運命を変えるバンク・オブ・アメリカの会議に参加するのです。そしてその会議で彼は前代未聞の革新的なアイデアをスピーチします。その勇敢で完璧なスピーチは上層部に認められ、委員長に抜擢されます。そして、現在のVISAの前身である、ナショナル・バンク・アメリカが設立され、CEOに就任します。このように、ディー・ホックがナショナル・バンクのCEOに就任し、VISAカードを世界No1のクレジットカードに成長させる事となるのですまさに、ディー・ホックの夢であった「BIGな人間」になる事が出来たのです!

Page Top