前へ
次へ

VISAのロゴマークは3つ存在する

VISAのロゴマークには、新・旧3つが存在します。VISAの初期のロゴマークは、青色と金色が特徴のマークです。これは、バンク・オブ・アメリカが設立されたカリフォルニア州の青い空と金色の丘が表されているものです。2005年春に、今まで親しまれてきたトレードマークの「旗」が変更され、オレンジ色のVではじまり、あとは青色の文字で示されたシンプルなデザインになりました。背景は白地であることが多いが、背景そのものがなく、青色の文字部分が白色になっているものもあります。そして2014年にさらに変更され、現在のVISAの形になっています。現在のロゴマークは、Vの字にあった黄色のアクセントはなくなり、VISAの文字が全体にグラデーションがかかった青色になっていて、更にシンプルになりました。一方、加盟店のアクセプタンスマークは、青と黄のストライプの間にVISAの文字が入る初期のロゴに近いデザインに変更されています。

Page Top